天鉄局NB運転区

国鉄天王寺鉄道管理局で活躍した車両の話題を中心に、鉄道模型(Nゲージ)とBトレインの話題なども記してゆきます。

殿様あさかぜの変遷

俗に「殿様あさかぜ」と呼ばれた列車があります。

20系化された最初の列車が「あさかぜ」でしたが、その20系客車にはナロネ20という個室寝台車が存在していました。

ナロネ20は20系客車登場の昭和33年に3両のみ製造された1人用・2人用個室寝台車です。
20系寝台車がそれまでの寝台車と一線を画して「走るホテル」と呼ばれたその象徴的車両と言われています。

20系にはナロネ20の他に2形式の一等寝台車(後のA寝台車)が存在します。
ナロネ21はプルマン式の開放寝台車。線路方向に区画が設けられた寝台車で、20系登場の昭和33年から59両が製造されました。
ナロネ22は昭和34年の「さくら」の20系化に際して登場した、1人用個室と開放式寝台の合造車です。わずか8両の製造でした。

今でこそ寝台特急ではB寝台(昔の2等寝台)でも個室は当たり前となっていますが(というか電車寝台の285系以外現在は運行されていませんが、寝台特急晩年の各列車にはA寝台の個室は当たり前で、B寝台でも個室がありました・・・)、ナロネ20とナロネ22以降は、昭和51年に24系25形のナロネ25が登場するまでは個室寝台車は1等寝台(A寝台)にも存在しませんでした。
そして、この間「あさかぜ」にだけはずっと個室寝台車が連結されていたのです。

ちなみに「あさかぜ」は最大で3往復の定期列車運用がされていました。さすがに3往復全てに個室寝台が連結されていたわけではなく、その個室寝台を連結した「あさかぜ」を区別して「殿様あさかぜ」という呼び名が生まれたのでしょう。

そんな寝台特急「あさかぜ」(2往復以上運行されていた時期は 個室寝台車が最も多く連結されていた ”殿様あさかぜ” )の変遷を見てみます。

続きを読む

オハネフ14のカプラー

 

総本山からの荷物の中に「EF66前期型ナックルカプラー」があるのですが、これは以前に紛失してしまったDF50のナックルカプラー補充用の用途でした。

で、手持ち車両の整備などをしていると、14系寝台車両のオハネフの連結間隔に不満があったのを思い出しました。

カプラーの長さを比べてみると・・・

f:id:ef5866:20170820224445j:plain

写真右がスハネフ14のナックル、左がEF66。

確実に長さが違います。

という訳で換装作業に着手。但し幌を付けて向い合せになっているスハネフの換装は行いません。

変えてみた結果がこちら。

f:id:ef5866:20170820224452j:plain

あっ、当方の14系寝台は「出雲・紀伊」編成に仕立てています。
但し上り向きになると「いなば・紀伊」編成になるという仕掛け(笑

変換式トレインマークを回せば「出雲・紀伊」については絵入り時代と文字のみの時代の再現も可能です。

話がそれました(笑
この写真ではカプラーを短くした効果がわかりにくいですね。

という訳で上空からパシャリ。

f:id:ef5866:20170820224456j:plain

随分と長さが違うのがお分かりいただけるでしょうか。

オハネフ25-19

総本山からの荷物で組み立てたのは・・・。

f:id:ef5866:20170820222958j:plain

写真右のオハネフ25-19。

いうまでもなく、24系25形0番代の緩急車です。

先日発売された「はやぶさ」で製品化された車両のASSY組みです。

少し前にボディは手に入れていたのですが、床下が入手できず総本山のお世話になりました。

ついでに先日ボディを換装して余っていたナロネ22を復元すべく、下回りも入手。こちらは写真省略です。

オハネフ25 0番代で何をするかというと、寝台急行「銀河」の再現。

当初は24系に置き換えられた頃を再現しようと思っていましたが、当時の宮原区にはオハネ25-0しか配置されていなかったため、現状のKATOラインナップでは再現不可・・・。

急遽、100番代のハネが使用されていた末期の再現へと変更。

ちなみにカニはこれまた随分と以前に入手済み。

ロネは先日オロネ14を尾久回送バラで入手。実車でもオロネ14から改造(ほぼ外見変更なし)のオロネ24 100番代が宮原区に配置されています。

ハネ25 100番代は製品化されていますが現在では入手困難。そこでとりあえず入手したのが、これまた尾久回送にバラで出ていたオハネ15×2を入手。実写でもオハネ15改造のオハネ25 250番代 が2両存在しており、2両とも宮原区の配置でした。

そしてこれら3両はいずれも末期銀河に充当されています。

残りはKATO「富士増結セット」が入手できれば末期銀河の再現が可能なんですが、このセットも入手困難ですねぇ・・・。

配給列車が到着しました

f:id:ef5866:20170820222123j:plain配給列車が到着いたしました。

乗せてきた物資は。。。

f:id:ef5866:20170820222231j:plain

いわゆる「総本山」からのお届け物でした。

で、気になる中身はというと。。。

f:id:ef5866:20170820222321j:plain

こんな品々。

さて・・・。

殿様あさかぜ

最初に20系寝台客車が導入された「あさかぜ」は、東京駅発着の寝台特急の中で最後まで20系が使用されていました。(最末期は臨時列車の「あさかぜ81・82号が20系でした)

その「あさかぜ」の歴史の中でも、昭和47年~昭和50年に運行されていた「あさかぜ」は15両編成(電源車含む)中、6両がA寝台とグリーン車(ナロネ20×1、ナロネ22×3、ナロネ21×1、ナロ20×1)という豪華編成で、別名 ”殿様あさかぜ” とも呼ばれていました。

さて、KATOのリニューアルされた20系を導入(寝台急行「銀河」を組成)して、その造形に感激し、是非ともパンタ搭載のカニ22を擁する「さくら」を第2弾として導入しようと計画するも、初期ロットはエラー有の情報から、なかなか手頃な金額でエラーなしの「さくら」を見つけることができず、長く保留になっていました。

そうこうするうちに、この ”殿様あさかぜ” の編成が安く出品されているのを発見。早速落札。到着を楽しみにしていました。

・・・・・・・・が、到着してみると、なんと編成こそは ”殿様あさかぜ” ですが、KATOのセットではなく、20系基本セットに単品を追加して組成した ”殿様あさかぜ” でした。
車番のかぶりは良いとして、決定的NGなのは、単品のナロネ22がオリジナル車なのに対して、実際に ”殿様あさかぜ” で使用されていたのは専務車掌室取付改造をされた100番台だということ。
まぁ、雰囲気を楽しむかと思っていたところ、なんとASSYパーツでナロネ22 100番台のボディーが並んでいるではありませんか!

という訳で迷うまでもなく購入。ついでにナシ20 50番台のボディも売っていたので同時調達。これで手持ちのナシ20 2両にも変化が付けられます。

早速ナロネ22を100番台改造した写真がこちら。

f:id:ef5866:20170729073042j:plainf:id:ef5866:20170729073038j:plain

いずれも手前が100番台です。
上段の写真ではわかりにくいですが、一番右側の窓が専務車掌室。固定窓が上昇式の窓に変更されているのが表現されています。
下段の写真では窓が増えているのがわかりますね。

これで車番さえ気にしなければ、とりあえず ”殿様あさかぜ” の完成です。

ARC資料館(その後)

以前、ARC資料館というサイトについて記しました。

ef5866.hateblo.jp

 

膨大な編成資料を掲載したとても重宝なサイトでしたが、OCNのサービス終了により消えてしまいました。

このサイトが、どうやら今年の5月初旬から復活したようです。

新しいURLは下記のとおりです。

http://betsunoka.ec-net.jp/

 

暫定復活とのことですので、再び移転するかもしれませんが、とにかく重宝なサイトです。

天鉄局の機関車(昭和43年3月31日)

昭和43年3月31日の天王寺鉄道管理局管内の機関区に所属していた機関車の一覧です。(鉄道ファン参照)

《凡例》† 入換専用機、△第1種休車、▲第2種休車、§ 運転用以外使用車

 

この時代はまだ蒸気機関車が全盛ですね。

機関区 形式 番号
亀山
C11
△345        
11
C50
† 75 † 76      
2
C57
7 26 110 121 145
146 148 198    
8
C58
51 240 353    
3
145 302 693 750 759
1020        
6
DF50
3 4 5 6 7
14 15 16 22 23
24 25 26 29 30
31 32 34 35 36
37 38 39 40 49
53 63 64    
28
竜華
8620
† 28653 ▲ 68652 † 68657 † 78678 78680
5
9600
† 2642 † 19660      
2
C58
31 192 233 234 264
285 287 312 354 359
10
264 393 △ 452 497 627
841 879 906 1014 1045
10
DD13
186 187 195 196 197
198 202 208 213 250
251 264 377 378 379
15
ED60
2 3 4 △ 5 6
7 8      
7
EF52
1 2 3 4 5
6 7      
7
和歌山
C11
324        
1
8620
28677        
1
C50
△ 24 † 115 † 116    
3
C57
6 56 61 78 119
147        
6
C58
328 361      
2
新宮
C11
△ 126 † 279      
2
C58
89 118 141 189 205
209 265      
7
紀伊田辺
C50
† 17        
1
C58
28 32 ▲ 178 180 188
214 221 222 225 231
232 235 260 267 279
15
442 469 578 800 930
5
奈良
C11
156 158 175 344  
4
C12
§ 62        
1
8620
† 48635        
1
C58
66 120 135 190 191
329 352 355 357 358
10
211 253 403 654 669
691 832 835 882 885
934 940 1007 1013 1015
1054        
16