読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天鉄局NB運転区

国鉄天王寺鉄道管理局で活躍した車両の話題を中心に、鉄道模型(Nゲージ)とBトレインの話題なども記してゆきます。

昭和53年10月2日ダイヤ改正 その1(札サウ・函ハコ)

気動車 電車 配置表

昭和53年10月2日の国鉄ダイヤ改正は、輸送体系の大幅な見直しが行われた「白紙改正」で、俗に「ゴーサントー」とも呼ばれています。

このダイヤ改正に際し各地の特急網も整備されましたが、当然それに伴い車両の配置換えもありました。

何回かに分けて、ゴーサントーによる特急車両(電車・気動車)の配置を記してゆきたいと思います。

北から順に紹介して行きます。

まずは、札幌運転区と函館運転所。

 

札幌運転区には485系と80系気動車が配置されていました。

485系は「いしかり」に運用され、6両編成3本が組成され、所要2本で運用されていました。

80系気動車は「北斗」「オホーツク」に運用され、7両編成5本が組成され、所要4本で運用されていました。

 

函館運転所には80系気動車が配置され、「おおぞら」「おおとり」「北海」に運用されていました。7両編成10本が組成され、所要9本で運用されていました。

 

それぞれに所属していた車両は下表の通りです。 

 

札幌運転区(札サウ

485系 モハ485
1501 1502 1503 1504 1505 1506 1507      
7両
モハ484
1501 1502 1503 1504 1505 1506 1507      
7両
クハ481
1501 1502 1503 1504 1505 1506 1507 1508    
8両
キハ
81系
キハ82
1 14 19 24 45 47 51 70 71 87
901 902                
12両
キハ80
7 8 9 10 20 34 55 56 57 76
77 78 79 80 81 86        
16両
キロ80
8 18 42 50 62          
5両
キシ80
2 4 5 8 12          
5両

 

函館運転所(函ハコ)

キハ
81系
キハ82
6 7 10 12 13 16 17 29 33 37
43 46 48 49 50 56 57 58 59 60
61 62 63 64 69 78 79 80 81 86
100 101 102 103 108 109 110      
37両
キハ80
1 2 5 16 17 18 24 25 26 28
29 32 36 39 40 41 47 53 57 58
87 88 89 90 91 92 93 94 95 105
106 107 108 109 144 145 146 147 148 149
150 151 152 153 154 155 156 157 158 159
160 161 164 165 166          
5両
キロ80
6 7 12 15 17 25 33 34 35 36
37 48 49 51 52 61        
16両
キシ80
1 7 10 13 23 27 28 29 31 35
36 37                
12両