天鉄局NB運転区

国鉄天王寺鉄道管理局で活躍した車両の話題を中心に、鉄道模型(Nゲージ)とBトレインの話題なども記してゆきます。

天ヒネ HA407(1985.4.1)

485系くろしおの編成紹介。第3回目はHA407。

編成は以下の通り。活躍期間はわずか1年半ほどなので、まったく変更なしと考えてよいでしょう。

 

HA407
クハ480-10|モハ485-252|モハ484-611|クハ481-201

の各車の履歴を記します。(改造車は元車の製造から、もしくは改造後の廃車まで)

 

クハ480-10

1972.2.8 近畿車輛にて落成(サハ489-4):向日町

1973.5.31 吹田工場にてCP取り付け(サハ489-204)

1973.7.1 向日町 → 金沢

1985.3.1 長野工場にて運転台取り付け(クハ480-10)

1985.3.1 金沢 → 日根野

1986.11.6 日根野 → 南福岡

1994.3.1 南福岡 → 大分

2000.3.31 廃車

モハ485-252

1975.11.13 日立製作所にて落成:青森

1985.3.7 青森 → 日根野

1986.7.20 日根野 → 福知山

1990.3.10 福知山 → 金沢

2003.9.29 金沢 → 京都

2009.12.2 直流化:交流機器停止(モハ182-208)

2009.12.2 京都 → 福知山

2010.9.30 廃車

モハ484-611

1975.11.13 日立製作所にて落成:青森

1985.3.7 青森 → 日根野

1986.7.20 日根野 → 福知山

1990.3.10 福知山 → 金沢

2003.9.29 金沢 → 京都

2009.12.2 直流化:交流機器停止(モハ183-818)

2009.12.2 京都 → 福知山

2010.9.30 廃車

クハ481-201

1972.9.9 東急車輛にて落成:青森

1975.9.16 青森 → 秋田

1976.4.28 秋田 → 南福岡

1985.2.26 南福岡 → 日根野

1986.9.30 日根野 → 福知山

1987.1.21 半室グリーン車化(クロハ481-213)

1991.1.28 クハ481-201に復元:福知山 → 金沢

2004.1.30 直流化:交流機器使用停止(クハ183-201)

2004.1.30 金沢 → 福知山

2011.9.9 廃車

天ヒネ HA404(1985.4.1)

485系くろしおの編成紹介。第2回目はHA404。

編成は以下の通り。活躍期間はわずか1年半ほどなので、まったく変更なしと考えてよいでしょう。

 

HA404
クハ480-9|モハ485-225|モハ484-604|クハ481-210

の各車の履歴を記します。(改造車は元車の製造から、もしくは改造後の廃車まで)

 

クハ480-9

1972.2.10 東急車輛にて落成(サハ489-1):向日町

1973.5.8 吹田工場にてCP搭載(サハ489-201)

1973.7.1 向日町 → 金沢

1985.2.21 長野工場にて運転台取り付け(クハ480-9)

1985.2.21 金沢 → 日根野

1986.10.16 日根野 → 南福岡

2000.3.31 廃車

モハ485-225

1974.7.19 日立製作所で落成:仙台

1985.1.14 仙台 → 日根野

1986.10.21 日根野 → 福知山

1989.11.26 福知山 → 金沢

2004.11.15 廃車

モハ484-604

1974.7.19 日立製作所で落成:仙台

1985.1.14 仙台 → 日根野

1986.10.21 日根野 → 福知山

1989.11.26 福知山 → 金沢

2004.11.15 廃車

クハ481-210

1972.9.8 日立製作所で落成:仙台

1975.9.16 仙台 → 秋田

1976.5.8 秋田 → 南福岡

1985.1.21 南福岡 → 日根野

1986.11.1 日根野 → 福知山

1986.11.19 吹田工場にて半室グリーン化(クロハ481-210)

1990.10.25 直流化(クロハ183-804)

2012.11.6 

 

485系 くろしお 入線

前々から話題にしていた Tomix485系「くろしお」が入線しました。

f:id:ef5866:20201112235447j:plain

485系くろしお

f:id:ef5866:20201112235601j:plain

485系くろしお といえば、やっぱりクハ480(写真右)が特徴ですよね。

ホイッスルや特急マークはユーザー取り付け仕様になっていました。

で、気になっていた車体番号のインレタですが・・・

クハ481:201,208,209,210,211,217
クハ480:1,2,3,9,10,11
モハ484:604,606,607,608,609,611
モハ485:225,227,228,249,250,252

となっていました。

 

これらで作れる編成はHA402、HA403、HA404、HA405、HA406、HA407 の6種類。
但し注意しなくてはならないのは、クハ480がAU12搭載なので、実際にはHA402,HA404,HA407のいずれかを選択するのが良いでしょうね。

それぞれの編成の、車両組み合わせについては、下記の過去記事に記したので参考にして下さい。

 

 

それにしても、485系くろしお なら再現したいのはこれ。

f:id:ef5866:20201113001204j:plain

もう1編成調達するかな・・・。

 

天ヒネ HA402(1985.4.1)

485系くろしお が発売されるので、天鉄局としては入線必須。

車両番号はインレタ選択式なので適切な番号を検証するシリーズ。

 

前回までに、模型化されたクハ480はAU12搭載なので、HA402、HA404、HA407の3編成が適切と記しました。

今回からは、これら3編成の各車履歴を記してゆきたいと思います。

 

という訳で、第1回目はHA402。

編成は以下の通り。活躍期間はわずか1年半ほどなので、まったく変更なしと考えてよいでしょう。

HA402
クハ480-11|モハ485-227|モハ484-606|クハ481-217

 

それでは各車の履歴を記します。(改造車は元車の製造から、もしくは改造後の廃車まで)

 

クハ480-11

1970.5.15 日本車両にて落成(サハ481-2):仙台

1972.10.12 仙台 → 向日町

1972.11.9 吹田工場にて改造(サハ489-52)

1973.3.15 向日町 → 金沢

1973.4.14 吹田工場にて CP取り付け(サハ489-252)

1984.12.20 長野工場にて運転台取り付け(クハ480-11)

1984.12.20 金沢 → 日根野

1986.10.16 日根野 → 南福岡

1994.3.1 南福岡 → 大分
1998.3.26 廃車

モハ485-227

1974.7.19 日立製作所にて落成:仙台

1984.12.26 仙台 → 日根野

1986.8.29 日根野 → 福知山

1989.1.10 福知山 → 金沢

2003.9.3 電装解除(サハ481-701)

2003.9.9 金沢 → 京都

2010.2.1 廃車

モハ484-606

1974.7.19 日立製作所にて落成:仙台

1984.12.26 仙台 → 日根野

1986.8.29 日根野 → 福知山

1989.1.10 福知山 → 金沢

2003.8.1 金沢 → 京都

2011.8.15 廃車

クハ481-217

1972.10.20 川崎重工にて落成:青森

1978.9.12 青森 → 仙台

1982.11.23 仙台 → 南福岡

1984.12.20 南福岡 → 日根野

1986.10.16 日根野 → 南福岡

1995.4.20 南福岡 → 鹿児島

2000.3.31 廃車

 

今日はここまで。次回はHA404編成を記します。

Tomix 485系 くろしお

来月発売のコレ。

 

前回、取り急ぎ 485系くろしお の編成表をUPしました。

 

が、しかし、今回製品化されたのは、クハ480がAU12冷房装置搭載車ということなので、全11編成の内該当するのは下記3編成のみ6編成でした。

 

(訂正)Wikipediaによるとクハ480 9-11の3両のみがAU12搭載車とありましたが、実際には1-3もAU12搭載車でした。
クハ480 1-8 はタネ車がサハ481、9-11はタネ車がサハ489という違いがあり、サハ489は初期車なのでAU12と書かれていましたが、1-3 のタネ車も初期車なのでAU12搭載車でした。実際の画像も別サイトなどで確認しました。 

  

HA402
クハ480-11|モハ485-227|モハ484-606|クハ481-217

HA403

クハ480-1|モハ485-249|モハ484-608|クハ481-209

HA404
クハ480-9|モハ485-225|モハ484-604|クハ481-210

HA405
クハ480-3|モハ485-250|モハ484-609|クハ481-211

HA406
クハ480-2|モハ485-228|モハ484-607|クハ481-208

HA407
クハ480-10|モハ485-252|モハ484-611|クハ481-201

という訳で、この内のどれかに車番確定です。

 

次回はこれら各編成の車両履歴について記したいと思います。