読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天鉄局NB運転区

国鉄天王寺鉄道管理局で活躍した車両の話題を中心に、鉄道模型(Nゲージ)とBトレインの話題なども記してゆきます。

昭和53年10月2日ダイヤ改正 その8(天ヒネ・米ヨナ・四カマ)

昭和53年10月2日の国鉄ダイヤ改正は、輸送体系の大幅な見直しが行われた「白紙改正」で、俗に「ゴーサントー」とも呼ばれています。

このダイヤ改正に際し各地の特急網も整備されましたが、当然それに伴い車両の配置換えもありました。

何回かに分けて、ゴーサントーによる特急車両(電車・気動車)の配置を記してゆきたいと思います。

第8回は日根野電車区と米子運転所と高松運転所。

 

日根野電車区は「くろしお」の電車化にともない新設された電車区で381系が配置されていました。9両編成10本が組成され、所要7本で運用されていました。

米子運転所と高松運転所にはキハ181系が配置されていました。

日根野の381系は「くろしお」に運用され、12両編成22本が組成され、所要17本で運用されていました。

米子のキハ181系は「やくも」に運用され、8両編成6本と付属編成用3両編成5本が組成され、それぞれ所要5本、所要4本で運用されていました。

高松のキハ181系は「しおかぜ」用の7両編成が3本と、「南風」「しおかぜ」共用の6両編成が3本組成され、それぞれ所要2本、所要3本で運用されていました。

昭和53年10月2日現在の日根野電車区、米子運転所、高松運転所所属の特急車両は下表の通りです。尚、赤字はこの改正に際し新規に所属となった車両です。日根野電車区はこの改正に向けて新設されましたので、全車が新規所属です。

 

日根野電車区(天ヒネ)

381系 モハ381
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45
46 47 48 49 50 51 52 53 54 55
30両
モハ380
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45
46 47 48 49 50 51 52 53 54 55
30両
クハ381
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
20両
サロ381
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
10両

 

米子運転所(米ヨナ)

キハ
181系
キハ181
4 20 21 22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 32 44 45 46 47 48 49
30両
キハ180
5 6 21 25 26 31 32 33 34 35
36 37 38 39 40 41 42 43 44 45
46 47 48 49 50 51 52 53 54 55
56 57 58 77 78 79        
36両
キロ180
2 8 9 10 11 12 13      
7両
キサシ180
1 2 4 6 8 9 10 11 12 13
10両

 

高松運転所(四カマ)

キハ
181系
キハ181
1 2 3 6 33 34 36 37 38 39
40 41 42 43            
14両
キハ180
1 2 3 4 59 60 61 62 63 64
65 66 67 68 69 70 71 72 73 74
75 76                
22両
キロ180
101 102 103 104 151 152        
6両