読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天鉄局NB運転区

国鉄天王寺鉄道管理局で活躍した車両の話題を中心に、鉄道模型(Nゲージ)とBトレインの話題なども記してゆきます。

昭和53年10月2日ダイヤ改正 その12(北オク)

「ゴーサントー」の特急用寝台客車の配置を記しています。

品川客車区、宮原客車区と見てきましたから、今度は東北方面に目を移してみましょう。

まずは尾久客車区です。

 

この改正では「北陸」「北星」が20系から14系での運用と変更となります。受け持ちの変更はなく尾久客車区のままです。余剰となった20系の大部分は宮原客車区と下関運転所に、一部が米子運転所と秋田運転所に転属してゆきます。宮原・米子転属組の一部はハザへの改造や12系との併結改造が行われました。

14系寝台車は本改正で尾久客車区には初めて配属され先述の通り「北陸」「北星」で運用開始となります。また「ゆうづる」1往復も尾久の14系となりました。

所属していた車両は下表の通りです。 

 

尾久客車区(北オク)

20系 ナロネ21
105 108 113 116 118 127 134 135 138 141
142 143 145 146 147          
15両
ナハネ20
24 26 28 30 34 35 37 38 41 42
46 88 91 110 149 206 208 209 210 211
212 221 222 223 224 225 226 244 246 248
303 307 308 310 315 316 317 318 319 321
344 345 346 347 348 349 350 351 352 353
355 356 357 358 361 362 363 364    
58両
ナハネフ22
1 19 23 24 505          
5両
ナハネフ23
5 6 11 12 18 20        
6両
ナハ21
1 2 3 4 5 6 7 8    
8両
カニ21
3 14 16              
3両
カヤ21
4 5 9 10 12 13 20 21 123  
9両
14系 オロネ14
8 9 10 11 12 13 14      
7両
オハネ14
55 58 59 60 61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72 73 74 75 76
77 78 79 80 81 82 83 84 85 86
87 88 89 90 91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102 103 104 105 106
50両
スハネフ14
28 29 30 31 32 33 34 35 36 37
38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
48 49 50 51 52 53 54 103    
28両